CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Twitter: hajime_s1976

読書メーター

篠原 一さんの読書メーター

篠原 一の最近読んだ本

篠原 一の今読んでる本

鑑賞メーター

篠原 一さんの鑑賞メーター

篠原 一の最近観たビデオ

TABバッジ
BlogMail

※いただいたメッセージには時期、体調などによりお返事ができないことやblogで回答させていただくことがありますことを了承ください。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

PHANTASMAGORIA

コメント&トラックバックは管理不行き届きになりがちなため
もったいないながらも現在は封印中。
ご感想などはメールフォームから頂戴できるとうれしいです。
twitterのまとめ投稿をしている関係で
趣味のお人形写真が予告なく記事本文内に表示されることがあります。
苦手な方には申し訳ないのですがご容赦ください。
それから、ごく稀にTwitterのまとめ投稿に
あとから誤字脱字の訂正などをいれることがあります。
あしからずご了承ください。
先月拝読した御本のまとめ。
2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:4894ページ
ナイス数:2ナイス

旅に出ても古書店めぐり (ハヤカワ文庫NF)旅に出ても古書店めぐり (ハヤカワ文庫NF)
読了日:1月29日 著者:ローレンス ゴールドストーン,ナンシー ゴールドストーン
荒野―16歳 恋しらぬ猫のふり (文春文庫)荒野―16歳 恋しらぬ猫のふり (文春文庫)
読了日:1月15日 著者:桜庭 一樹
荒野 14歳 勝ち猫、負け猫 (文春文庫)荒野 14歳 勝ち猫、負け猫 (文春文庫)
読了日:1月14日 著者:桜庭 一樹
荒野―12歳ぼくの小さな黒猫ちゃん (文春文庫)荒野―12歳ぼくの小さな黒猫ちゃん (文春文庫)
読了日:1月14日 著者:桜庭 一樹
悪女入門 ファム・ファタル恋愛論 (講談社現代新書)悪女入門 ファム・ファタル恋愛論 (講談社現代新書)
読了日:1月13日 著者:鹿島 茂
ドローイン・ダイエット ~脂肪燃焼!! 10秒でくびれができる最強コアトレーニング! ~ (美人開花シリーズ)ドローイン・ダイエット ~脂肪燃焼!! 10秒でくびれができる最強コアトレーニング! ~ (美人開花シリーズ)感想
この手の御本は(雑学・豆知識的なのも含めて)今まで基本的には読書メーターに記録しないできたんですが、うっかり、うっかりやろうと思ってしまいましたドローイン……ひらたくまとめると、腹式呼吸状態でいい姿勢をたもちつつお腹をきゅっとひっこまらせてそのまま10秒キープ、を習慣づけてね(あとはパーツべつにちょっと+αがあるけど基本はこれ)ってダイエットとかエクササイズというよりは文字通り「習慣」づけによるインナーマッスル強化(によるくびれづくり)なんですけど、うわあ、やりたい、やります、ウェスト欲しい……。
読了日:1月13日 著者:石井 基善
日本語のデザイン (新デザインガイド)日本語のデザイン (新デザインガイド)感想
【メモ】「抑揚やアクセント、発音、旋律、拍、身振り手振りまでをふくめて言葉である声の文化」。「恋」=「孤悲(こひ)」。藤原惺窩(あとでググる)。インキュナブラ(初期刊行本をさす。ラテン語でゆりかごの意)。94、96、101頁の図版再度確認。号活字のアルゴリズムについては110頁。ラピッド・コミュニケーション(パッと見た瞬間にメッセージをやりとりすること)をラビット・コミュニケーションに空目しました……うさぎコミュニケーションだったらそれはそれでかわいかった気、も。
読了日:1月10日 著者:永原 康史
天国最上階 (Feelコミックス)天国最上階 (Feelコミックス)
読了日:1月10日 著者:羽央
DollyDolly Vol.29 えっくすキュート最新カタログ (お人形BOOK)DollyDolly Vol.29 えっくすキュート最新カタログ (お人形BOOK)
読了日:1月10日 著者:
一人の男が飛行機から飛び降りる一人の男が飛行機から飛び降りる
読了日:1月8日 著者:バリー ユアグロー
マダム・エドワルダ―バタイユ作品集 (角川文庫クラシックス)マダム・エドワルダ―バタイユ作品集 (角川文庫クラシックス)
読了日:1月6日 著者:G.バタイユ
Twitter小説集 140字の物語Twitter小説集 140字の物語
読了日:1月6日 著者:内藤 みか,安達 瑶,新城 カズマ,小林 正親,渡辺 やよい,吉井 春樹,泉 忠司,黒崎 薫,枡野 浩一,円城 塔,(収録順)
亀の鳴く声 (フラワーコミックス)亀の鳴く声 (フラワーコミックス)
読了日:1月5日 著者:西 炯子
百鬼夜行抄 (8) (ソノラマコミック文庫)百鬼夜行抄 (8) (ソノラマコミック文庫)
読了日:1月5日 著者:今 市子
百鬼夜行抄(7) (ソノラマコミック文庫)百鬼夜行抄(7) (ソノラマコミック文庫)
読了日:1月5日 著者:今 市子
百鬼夜行抄 (5) (ソノラマコミック文庫)百鬼夜行抄 (5) (ソノラマコミック文庫)
読了日:1月5日 著者:今 市子
百鬼夜行抄 (4) (ソノラマコミック文庫)百鬼夜行抄 (4) (ソノラマコミック文庫)
読了日:1月5日 著者:今 市子
百鬼夜行抄 (3) (ソノラマコミック文庫)百鬼夜行抄 (3) (ソノラマコミック文庫)
読了日:1月5日 著者:今 市子
百鬼夜行抄 (2) (ソノラマコミック文庫)百鬼夜行抄 (2) (ソノラマコミック文庫)
読了日:1月5日 著者:今 市子
百鬼夜行抄 (1) (ソノラマコミック文庫)百鬼夜行抄 (1) (ソノラマコミック文庫)
読了日:1月5日 著者:今 市子

読書メーター
| 小説・評論・エッセイ | 00:35 | - | - | pookmark |
9月の読書メーター(まとめ)。
2012年9月の読書メーター
読んだ本の数:24冊
読んだページ数:4513ページ
ナイス数:26ナイス

DollyDolly Vol.28 えっくすキュート最新カタログ (お人形BOOK)DollyDolly Vol.28 えっくすキュート最新カタログ (お人形BOOK)感想
定期購読しています。えっくすキュートは個人的にはあんまり注目、というか関心をひかれていなかったのですけれども、今号を拝読して思っていたよりずっとかわいらしいかったんだなあ、と評価を新たにしました。誰が好きかっていわれればあいかちゃんが好き、かなあ。
読了日:9月1日 著者:
速水もこみちが作る50のレシピ きみと食べたら、きっと美味しい。速水もこみちが作る50のレシピ きみと食べたら、きっと美味しい。感想
ここ2〜3ヶ月、MOCO'Sキッチンを拝見しています。これは図書館で見つけた御本。「焼き鳥丼 スープだし茶漬け」「アボガドとじゃこの贅沢サラダ」「豆乳入り茶碗蒸し」「アボガドとねぎとろのユッケ」「オクラ納豆&山芋の揚げ物」あたりは自分のレシピに加えたい感じ。
読了日:9月5日 著者:速水 もこみち
ニューサラダブック―プロがつくるアイデアサラダ174ニューサラダブック―プロがつくるアイデアサラダ174感想
プロがつくるお料理っておいしさももちろんですけれども、見た目もキレイでこそだと思うのです(あと、いただく側としては誰と食べに行くのか、なんのお話をしながら食べるのか)。でも、自宅でつくるぶんには+手間をかけずに簡単につくれることが重要。「ブロッコリーと焼きクルミのサラダ」「にんじんとオレンジのサラダ」「アスパラ温泉卵」「アボガドと汲み上げ湯葉のミルフィーユサラダ ガーリックソース」あたりがおうちでパッとつくるのにもいい感じにお手軽そう。だけど「冷たいチーズフォンデュ」は多少の手間暇かけてもやってみたい。
読了日:9月5日 著者:
シリコンスチーマーで作る魔法のレシピ64 (タツミムック)シリコンスチーマーで作る魔法のレシピ64 (タツミムック)感想
ポトフやハッシュドビーフはつくればつくれるんだろうな(やり方がイマイチですけど)、と思っていましたがザウアークラウトや回鍋肉、おこわ、ピクルスまでつくれるとは! 今までそれなりに便利につかってきたつもりのシリコンスチーマーでしたが、まだまだ使い途はあったようです。
読了日:9月5日 著者:吉田 瑞子
世界古典文学全集〈第9巻〉エウリピデス (1981年)世界古典文学全集〈第9巻〉エウリピデス (1981年)感想
イフゲニア(本書では『イピゲネイア』表記、でも個人的にはイフィゲニア呼びがいちばん好き)についてきちんと読みこもうと思って図書館で借りてきたのですが、ギリシア悲劇に関する基礎知識がやっぱりもっと必要。背景が今のままでは見えてこないのです。入門書とか取説的な御本をさがしてもうちょっと知識をつけて再挑戦しないと。『ヘレネ』『エレクトラ』『タウリケのイピゲネイア』の3点セットで理解を深めなきゃいけないことだけはさしあたり諒解。
読了日:9月5日 著者:
ドール・コーディネイト・レシピ〈2〉プリティーブリティッシュ―ブライス、リカちゃん、momoko DOLL、タイニー・ベッツィー他のお洋服作り (Dolly Dolly Books)ドール・コーディネイト・レシピ〈2〉プリティーブリティッシュ―ブライス、リカちゃん、momoko DOLL、タイニー・ベッツィー他のお洋服作り (Dolly Dolly Books)
読了日:9月6日 著者:小森 桃子
ドール・コーディネイト・レシピ〈3〉イノセント・ガールズ―ブライス、リカちゃん、momoko DOLL、タイニー・ベッツィー他のお洋服作り    Dolly Dolly Booksドール・コーディネイト・レシピ〈3〉イノセント・ガールズ―ブライス、リカちゃん、momoko DOLL、タイニー・ベッツィー他のお洋服作り Dolly Dolly Books
読了日:9月6日 著者:えびね ひろこ
Dollybird vol.14(通常版)Dollybird vol.14(通常版)感想
DollybirdやDollyDollyはあたしにとっては情報誌であると同時にかわいらしい写真集的な、愛でてたのしむ雑誌なのですが、これはなかでもアリス特集ということでヘヴィロテしている1冊。ゆうべも寝しなに読んでいました(予定の御本からこっちに変更して(^_^;)。
読了日:9月6日 著者:
戦争と科学者: 世界史を変えた25人の発明と生涯戦争と科学者: 世界史を変えた25人の発明と生涯感想
科学とイデオロギーは分離していないと「戦争」や「人的災害」などの誤用を招く場合があるわけですが、科学の発展にも人材や施設や諸々の費用が必要になる以上、まったく別に存在するということもできないわけです。科学そのものは空想や架空のなにかではないわけですから。で、その歴史が本書(という理解、あたしは)。訳者あとがきのフクシマにからめた文脈はいささか急ぎすぎるというか、こじつけがましいというか、客観性に欠ける発想かもしれませんが、数年後には本書がこのタイミングで訳出された意義というのも見えてくるかもしれません。
読了日:9月12日 著者:トマス・J. クローウェル
とかげ 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)とかげ 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
読了日:9月16日 著者:灰原 薬
とかげ 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)とかげ 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
読了日:9月16日 著者:灰原 薬
とかげ (3) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)とかげ (3) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
1〜3巻をイッキ読み(1巻に関しては再読)。表紙や口絵のカラーイラストがCGなのに他に類を見ない感じの透明感ですごく惹かれました。色合いがダークなのに透明感があるんですよね、アナログ的な表現でいえば「薄塗り」でもないんですけれど……。「とかげ」をめぐる物語は完結してしまったけれどももっと続きを読みたくもあり。彼女?と忍武くんがこれからどう暮らしてゆくのかとか。ここからはじまる物語があってもいいような気がしました。なかなか、むずかしいかもしれませんが、あたしはそういうのも拝読してみたかったなあ……。
読了日:9月16日 著者:灰原 薬
百合男子 2巻 (百合姫コミックス)百合男子 2巻 (百合姫コミックス)感想
ドラマCDのついていない通常版を買ってしまったのですけれど、CDつきの限定版を購入すべきだった……?((((;゜Д゜)))と思ってしまうくらい今回もナイスハイテンション。啓介くんはじめ師匠やR-18担当の彼(表紙の彼)たちの理屈っぽさがともよろしい感じ。共感とはちょっと違うのですけれども、なにかの踏み切り板になる。えいって思考をステップアップさせるための。百合っぷるラブな男子を愛でるあたし(女子)って何回転ひねりをいれるつもりなのって感じですけど、たぶんそこがこのまんがのツボなんでしょうね……(^◇^;)
読了日:9月16日 著者:倉田 嘘
となりの関くん (MFコミックス フラッパーシリーズ)となりの関くん (MFコミックス フラッパーシリーズ)
読了日:9月16日 著者:森繁拓真
となりの関くん 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)となりの関くん 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
読了日:9月16日 著者:森繁拓真
となりの関くん 3 (フラッパー)となりの関くん 3 (フラッパー)感想
1〜3巻イッキ読み。1巻の帯に「日本一売れている『授業サボり漫画』!!!」てコピーが躍っているようにとなりの席の関くんが授業中にしている突飛な内職をそのとなりの席にいる横井さん視点でひたすらヤキモキ、もだもだしているというまんがです。「関くんなにやってくれちゃってるの!?」て感じで。『日常』とおんなじようなシュールな学園生活あるある……と思ってたけどねーよそれは!Σ(゜Д゜)なまんがですが、『日常』と違って主要キャラがすくないぶんインパクトには欠けるかも。テンションとかテイストは近いものがあるのですが。
読了日:9月16日 著者:森繁拓真
おいしい基本のワッフル (タツミムック)おいしい基本のワッフル (タツミムック)
読了日:9月17日 著者:のむら ゆかり
ワッフルワッフル
読了日:9月17日 著者:本間 節子
焼きドーナツとワッフルのおうちカフェレシピ焼きドーナツとワッフルのおうちカフェレシピ感想
毎朝食べている冷凍ベーグルが生産中止になってしまったのでシャレオツにワッフルでも毎朝焼いて食べるか……と図書館で『おいしい基本のワッフル』『Waffleワッフル』とこれを借りてきました。入門書としてはワッフルの歴史などにも詳しい『おいしい基本の〜』、『Waffleワッフル』は巻末近くの自家製ミックス粉の作り方に関するページがたいへん有用(これに豆乳とサラダオイルがあればすぐに焼ける)、見た目もかわいらしかったりおいしそうだったりで且つアレンジレシピのバリエーションがすばらしかったのはこれ、でした。
読了日:9月17日 著者:みなくち なほこ
苦悩のオレンジ、狂気のブルー (柏艪舎文芸シリーズ)苦悩のオレンジ、狂気のブルー (柏艪舎文芸シリーズ)感想
短編集なので手のすいたときとか移動時に持って歩いてつまみ読みしていたのがいけなかったのかこれがきにいったとパッとタイトルをあげられるような印象に残った物語にとぼしかったのが個人的には残念なところ。綿密に読めばきっと得るところもあったのだろうけど、申し訳なくもイントロのエッセイのような部分がもっとも気を惹かれてしまった(これはあたしが無類のエッセイ好きなためだけではないと思う)。でも、「タイプライター」はよかったなあ……表題作よりずっとよかったです。俗っぽいかもしれませんが、メリハリがきいていて。
読了日:9月28日 著者:デイヴィッド マレル
鈴を産むひばり鈴を産むひばり感想
詩歌の本を読むときはおさめられたものの中からどれが自分にとってのベストスリーになるのかをかんがえながら読むことが多いのですが「だとしても〜(106頁)」「夢を見ぬ夜には〜(125頁)」「出目金で〜(183頁)」の三篇(短歌も篇でいいんでしたっけ……)がマイベスト。「母と呼ぶひと(19頁)」「読めぬまま返す小説〜(74頁)」「ひとのみな〜(109頁)」もぐっときましたけれども。
読了日:9月28日 著者:光森 裕樹
はにめろ。 1 (ジャンプコミックス)はにめろ。 1 (ジャンプコミックス)
読了日:9月30日 著者:ふるかわ しおり
はにめろ。 2 (ジャンプコミックス)はにめろ。 2 (ジャンプコミックス)
読了日:9月30日 著者:ふるかわ しおり
はにめろ。 3 (ジャンプコミックス)はにめろ。 3 (ジャンプコミックス)
読了日:9月30日 著者:ふるかわ しおり

読書メーター
| 小説・評論・エッセイ | 23:00 | - | - | pookmark |
「猫またぎにして!」
評価:
新井 素子
廣済堂出版
---
(2004-08)

きのう、新井素子さんの『お元気ですか』(廣済堂出版)というエッセイ集を読んでいました。その中に新井さんの飼い猫に関するエッセイが何篇かおさめられており、あたしは「猫またぎ」ということばに出くわしました。

前後の文脈から察するに、あんまりお好みでなくなったごはんをお猫さまがするっとまたいでどっか行っちゃう、的な動作のこと、謂わば興味や関心を失った対象への圧倒的スルースキルの発動をさしているようです。

お猫さまと暮らした経験のないあたしはこれが一般的なことばなのかどうかわからず、もしかしたら猫飼っているひとたちのあいだでのみ通じる慣用表現的なものなんでないの? と思って、現在進行形でお猫さまと暮らしているお友だちに問いあわせメール致しました。これって猫飼ってるひとはふつうにつかうの?って。

結果、まあ、猫飼っている人間がふつうにつかうどころかちょう一般的なことばだと思ってたんだけど、という返信がかえってきたのです。

マジでえ!?

彼女曰く、お猫さまはたしかに「オマエ何様だ!」てくらい興味のないものにはスルー……どころかさげすみの一瞥をくれてわざと横すれすれを通り過ぎるくらいのことはするらしいのですが、人間さまが焼き魚をキレイに食べたときも「猫またぎ」って言うらしいのです。猫がスルーしちゃうくらい身が残ってない、て意味らしい。彼女のメールニュアンスからするとちょっと意地汚いくらいとことん食べちゃってる、という感じなのかなあ? ちいさなころ、お母さまに「猫またぎにして!」なんて言われていたそうなのです。

あたしは前述の通りお猫さまと暮らしたことがありません。その上、魚介類はどちらかというと苦手な方なので、焼き魚を「猫またぎ」になるほど食べ尽くすようなこともありませんでした。だからたまたま「猫またぎ」ということばと接することなく、知ることなく、ここまで来たのかなあ……まあ、言われてみればなんかどっかで聞いたことがあるような気もしてきたし、意識していなかっただけで意外と一般的なことばだったのかもしれない――と一瞬思いかけました。

違うのよ。お友だちの言っている「猫またぎ」ってなんか……新井さんのニュアンスとは違うのよ。

新明解さんをひらきました。一般的な語だとわかっているのなら、辞書をひいてみて損はないはずだと思いまして。

そしたらさ!

新明解さん曰く、「猫またぎ」とは、
 
――〔魚の好きな猫でさえまたいで通る意〕俗に、まずい塩味の魚。
 
お猫さまが食べようって気を起こせないくらい食べ残しがなくおいしくキレイにいただけちゃうお魚は「猫またぎ」ではないのですよ……まずすぎてスルーされる塩味の魚が「猫またぎ」。たぶん塩がきつすぎてお猫さま的に食べるに値しない魚のことなんだと思われます。よって彼女のおうちでつかわれていた「猫またぎ」ということばは辞書とは微妙に、違う。

かといって彼女のおうちでつかわけている「猫またぎ」が方言、というほどアクのある表現ではないと思うのです。彼女のご自宅もご実家もうちんちも一応、首都圏って呼べる範囲。標準語が日常言語です。それは首都圏だってこまかく見ていけば20〜30キロ単位くらいで微妙に表現やアクセントの違う語彙とかもあるんですけど、そんな気にするほどの差異はないはず、なんですよ、ねえ……。

うーん。辞書に載っていなかっただけで「猫またぎにして!」の「猫またぎ」もアリ、なのでしょうか?

こんど猫関係の御本を拝読するときや猫を飼ってらっしゃる方、そして、お魚大好きな方とお話しするときにちょこっと聞いてみようかな、と思っております。

ついでに〜。

最近、Vignetteというスマホのトイカメアプリに凝っていて、私物や出先の風景などをちょいちょい撮っています。いくつかトイカメのモードというかエフェクトのかかり方を選択できるのですが、意識的にチョイスするのではなく、わざとランダムに選択されるように設定して、博打打ち的にたのしんでいます(て、この方に言ったら、シノハラさんらしいよね……と若干あきれ気味に! なんで!?)。Vignetteを通すとこんなふうに、撮れます。



ノートPCとそっちでつかっているヘッドセット。



デスクトップPCの手前右におわしますブラロさんフィギュア。



こないだ行った森美さんのイ・ブル展の入り口のところにあった看板(イ・ブルさんものすごく好みで会期中にもう一度くらい行きたいです)。



そのときに六本木ヒルズの展望台? から拝見した東京タワー方面。

……な? ちょっとカッコよかろ?

| 小説・評論・エッセイ | 10:13 | - | - | pookmark |
た・の・し・みー!
評価:
柴田 元幸,高橋 源一郎
河出書房新社
¥ 1,470
(2009-03-13)
コメント:カーヴァーとかオースターとかの訳者・柴田元幸さんと小説家・高橋源一郎さんの小説の「読み方」「書き方」「訳し方」をめぐる対談。柴田さんって僕のたいへんだいすきな訳者さんのひとりなんですが、アメリカ文学のたいへん限られたところをお仕事の現場にされているからかメッチャ揺らぎがない……いいないいな!
Amazonランキング: 91975位

評価:
柴田 元幸
河出書房新社
¥ 2,310
(2009-06-20)
コメント:ユアグローの『飛行機から〜』から以降、サドンフィクションが好きになったので、そもそもその手のものを僕に示したのは柴田さんだったわけなのですが、上の対談でもチラッと出ているようにサドンは10本くらいならすぐ書けるのですよ、比較的簡単にね。コレは別にサドン集ではないけど短篇集なのである程度テイストには近いものがあります。アメリカの掌編はおもしろい。短くなる、魔法みたいなのがある。
Amazonランキング: 380920位

評価:
桐生 操
文藝春秋
¥ 1,800
(2006-10)
コメント:年末からこっち桐生さんを集中して読んでいたのですが、桐生操さんがお二人の方による合同ペンネームであったことをごっそりと本を返しにいった図書館できのう知りました……うっかりうっかり。姫君シリーズも好きなんですけれども、最終的にコレを最後にしようって決めて読んだのがコレで、いちばんおもしろかったのもコレだなあ。だけど、どうしたってこの手の本はカタログ的になっちゃうんだろうし、それがおもしろいところだともいえるんだけど、うーん、もっとガッツリ! てキモチになるためにはコレではあかんな……。
Amazonランキング: 441327位

おお。今、きのう? おととい? あたりからBRAVIAちゃんに突っこみっぱなしでありました桜庭一樹さん原作のアニメ『GOSICK−ゴシック−』を観たのですが、うっわ、いいなコレ。だいすきなテイストだ。だけど、んんん……? ヴィクトリカちゃんって声をしわがれたとかなんとかエライ渋い形容をされていた記憶があるんだけど(たぶんホームズとかそういう探偵のイメージなんだと思うのですが)、違ったっけ??? アニメ声ってわけではないけど、ちょっとなめらか過ぎるっつーか、個人的にはもっとガサガサでイイと思うんだけどなー。んー。あ、あと、不勉強なので彼女のCVの声優さんを知らなかったっす。別に悪くはない。悪くはないんだけど微妙に違和感が残る。見続けたら気にならなくなるだろうとは思うんだけど。やっぱり小説の快楽とアニメの快楽は違うと思うので、小説ではしわがれたってイメージが喚起する情報に声でヴィクトリカちゃんを広がりを見いだせるからタノシイ的なところが絶対あるんだけど、実際にアニメなんかでガサガサなヴィクトリカちゃんをきいたらアニメを観るという作業に負担がかかってくるんだろうなー。そういう配慮か。作画とか構成とか色彩設計はメチャ好みで(特に色彩。OPのミュシャっぽい演出、僕は好き)、さすがボンズさんはいい仕事しなさる! と思ったことですよ。

男のコが女のコの手を取って未知の世界に駆けだしていくっていう図、別に女のコが男のコの手をひいて〜でもいいんですが、ま、うっすらと恋愛感情が成立している少年少女が手をとりあい未知の世界へ走り出すってのとミステリを融合させる桜庭さんの荒技がすきだ! すきだったらす・き・だ!!

あと、引き続きかけっぱ状態で観ていたのですが、『夢喰いメリー』もいいな。さしあたりの感触では今観ている『インフィニット・ストラトス』みたいな巨大? ロボットものも大好き。軍隊っぽい組織とか戦艦とか士官学校っぽいのとかあるとたのしくなっちゃうっていうのは、僕の場合、あきらかに『銀河英雄伝説』ではなくて『エリアル』の影響なのだよね……! そんでもって、きょう、このあと0700〜はじまる『べるぜバブ』がちょうたのしみでならないです。キャラ的には古市くんが大好きでさ! うっかりJATとかジャンフェスいっちゃったんだよね去年……だからもうパイロット版的なベルゼさんは観ているんだけど(年末にリリースされた新巻に同梱版がある、あのアニメですよ!)、これはきっと期待できる。た・の・し・みー!

それにしても、CMや書店先で見かけるたび『GOSICK−ゴシック−』の新装版? と『心霊探偵八雲』が読みたくて仕方ありません。『心霊探偵八雲』まったく読んだことないのです。買うべきか否か? むーん……カ・ド・カ・ワ・め!

| 小説・評論・エッセイ | 06:19 | - | - | pookmark |
「実は鬼六センセはじめてで……」などとはいいませんよ? さすがに!
評価:
野崎 まど
アスキーメディアワークス
¥ 557
(2010-10-23)
コメント:最近の私的掘り出し物作家さんです。まだ3冊しかだされていないのですが(ラノベのレーベルで活動されているからどうにも少なく感じてしまう)、これはその最新刊でこの秋に出版されたもの。いちおう既刊もすべて読みましたが、こなれ具合とか洗練具合は『死なない生徒〜』がベスト。文体は基本キレイ目で僕の好みです。
Amazonランキング: 30241位

評価:
団 鬼六
幻冬舎
---
(1997-06)
コメント:団鬼六センセの濃い人生にびっくり。
Amazonランキング: 192761位

評価:
亜樹新
マッグガーデン
¥ 600
(2010-12-15)
コメント:このまんが家さんは新人さんでいらっしゃるの? 行きつけの某芳林堂さんに複製原画が展示されていて好みの絵柄だったのと内容的なはっちゃけ具合に思わず捜して貰ったら今月でたコミックスなのに既に店頭在庫がなく結局お取り寄せでした。まあ、数日で届きましたが。王道少女まんがなかわいらしい絵柄なのに内容が「フェチ女子vsフェチ対象のジャイアンくん」&「腐女子vsそのジャイアンくん×フェチ女子に片思い男子な生もの妄想BLカプ」なとんでもないラヴコメでした。だけど、全然えげつなくないからたのしめる。

最近、団鬼六センセを本格的に読み始めました。攻略っていうほど体系的に読んでいるわけではないし、そういうことが迂闊にできるほど質量的に少ない作家さんではないことはわかりきっているので、「手の届く範囲で読み始めた」程度の話です。

いや、でも、「実は鬼六センセはじめてで……」などとはいいませんよ? そんな初心なことはさすがにありえないです。

はじめて鬼六センセを読んだのは大学生の時にでた『美少年』という鬼六センセにしてはめずらしいBLっぽいヤツなんですが、さすがにその頃の僕、花も恥じらう女子大生(大嘘)ですから、店頭で鬼六センセ買う勇気なくて、だからといって密林さんなんかで内容確認しないで買うのもちょっと冒険だなあと思っていて、読みたい、でも、買うのは恥ずかしい、で悶々としていたら父親の本棚に見つけてしまいました。父娘うっかり極まれりです。父さん鬼六センセなんか目につくとこにおかないでよ! びっくりするじゃない!! 最終的にとある夕食の席で「お父さま、折り入ってお話が」と切り出し、「お父さまが蔵書されている団鬼六先生の『美少年』をお借りしてもよろしいでしょうか」と申し出たところ、「……良家の子女が読むような本ではないのだがな」といいながらも貸してくれたわけです。なんなのこの父娘。

『美少年』は内容的にはBLなんですけど、鬼六センセはがっつりヘテロの男性としてのロジックでもって書かれているから、少なくとも『美少年』に限っていえば、受(?)が少年である必要はないような感じではありました。ふつうにカワイイ(Mな)女のコでも置換可能といいますか。そういう面では『花と蛇』とかのが世界が徹底していておもしろかったなあ……とはいえ、鬼六センセの書かれるSM世界がそのまま自分の趣味にフィードバックしてくるような事態は流石にないので、快楽は記号の戯れレベルにとどまります。ある意味これがSMの正しい楽しみ方なのかもしれないですが(むしろ鬼六センセの御作を読み続けているとへテロの男性の目線の下にいる/居続けなければならない居心地の悪さみたいなのがある――だけど、やっぱりヘテロのロジック/アルゴリズムに取り込まれた状態/社会で生きてきているぶん無視できない度合いでSMがそのまま男女にスライドできる事態は脳内で起こってしまうのよね……って、二次創作の女体化が少なくない割合で男尊女卑っぽいというか非常にティピカルな価値観によった関係に収束してしまうのはそういった理屈に基づいているのかしら? んー。にょたキライって腐女子もけっこういるからなあ――わからん……)。

| 小説・評論・エッセイ | 23:49 | - | - | pookmark |
最近読んだ本とか。
評価:
吉田 秀彦,李 春成
ネコパブリッシング
¥ 1,300
(2004-12)
コメント:柔道についての基礎文献を図書館でさらっていたら自分の知りたいことに対して適切なトリセツを見つけることができなくて何故かこれを借りて読んでしまったのだけど意外とおもしろかった……格闘家のメンタリティ(特に柔道という日本のお家芸をしょった格闘家のメンタリティ)って独特だなあ。
Amazonランキング: 417778位

評価:
斎藤 環
日本放送出版協会
¥ 966
(2008-05)
コメント:けっこう目から鱗。ムスメ的必読書。斎藤先生って僕の中では『戦闘美少女の精神分析』みたいなのがクリティカルヒットの系列だったのだけれど(や、ちゃんとヒキコモリがお仕事の中心だということは存じ上げておりますよ?)、母−娘関係を取り扱ったものもきちんと制覇したいなあ「母性ってすごいのよ!」なアピールもキライ、だけど一般的なフェミにも違和感を感じる……ってひとにはいいかもしれないですね。
Amazonランキング: 11077位

評価:
Lisa,Verbal,Taku
rhythm zone
¥ 1,514
(2001-03-28)
【ディスク1】
  1. 正門
  2. prism
  3. 東門
  4. EXPO EXPO(feat.Towa Tei,Bahamadia&Chops)
  5. What It Is
  6. orbit-3
  7. 南門
  8. Dispatch(feat.Dev Large&Nipps&Vincent Galluo)
  9. magenta rain(feat.Umjanna)
  10. 中央タワー
  11. come again
  12. 西門
  13. Yours only,
  14. How You Like Me Now?
  15. アリガトウ
  16. The Bandwagon
コメント:うちの親父が逝っちまった頃の新譜なんですが、僕にとってのm-floさんのベスト盤です。ていうか、そもそもLISAがいた頃のm-floの方が僕としては好きなんですけど(LISAの作詞能力は高いと思う!)、このアルバム、未来の万博っていうコンセプトがおもしろいし、なにより収録されている
Amazonランキング: 19974位

図書館に行くと一度に20〜25冊、借りてきます。ウチの近所の図書館(市立)は返却期限は2週間なんだけど、冊数に関しては上限がないので、取り敢えず持って帰られるだけ借りてくるとこうなる感じです。滞在時間も3時間程度と比較的長め(なんじゃないかと)。その代わり、市内のほかの図書館から書籍などを取り寄せるための予約をいれられるのが上限15冊なんだけど、これはちょっと少ないと思う……僕の読む速さにとって少ないということもあるし、何かを系統立てて調べるのに15冊しか予約いれられないっていうのはあんまりよい数字ではないと思うんだよなあ。ちなみに僕が図書館にいくのは毎週土曜日で、隔週でチャイ語とかぶせています(チャイ語は月2回(土曜日))。だから図書館で借りてくるぶんだけでも月に100冊弱読んでいる計算なのですが、ふつうに本屋でも新刊書籍を買ってきて読むし、まんがもTSUTAYAで借りたりふつうに買ったりして読んでいるので……あっれー? 俺はいったい月にどれだけよんでんだ……?

あ、東川篤哉先生の『謎解きはディナーのあとで』(小学館)のCMを見たお友だちがツイッタで「タイトルがわからない……」というようなことをおっしゃっていたので、僕、ゴハンつくりながらCMを背中で見ていたのでやっぱりいろいろうろ覚えではあったのですが、「小学館」「執事」「ミステリ」でググってみたら一発ヒットでした……よよよ読みたい! おもしろそう!! CMもおもしろそうだったもんなー。書影で見る限り、表紙もなかなかよい感じ。しかし、申し訳ないことに、僕、東川センセの御作を拝読したことがないので、いきなり新刊買っちゃうのはちょっとギャンブルかもしれないなあ……だもんで、OPACにあたったんだけど、予約が70件以上。蔵書しているだけマシなの??? うう、どっかでチラ読みできないだろうか。僕は文体がなれない小説を純粋にたのしみのためだけに読むことができない不器用な人間なのです。

娯楽として読書をするのなら文体がこなれているというか、自分の言語感覚、言語リズムに対する親和性を小説の文体がある程度、保持していてくれないとつらくなってしまってたまらないです。読書をたのしむつもりがないのなら(機械的に内容を把握してどうこうするだけのつもりなら)別にどんな悪文でも僕は読めてしまうのですが、そういうことができるようになったのは二十歳くらいですかねえ。そのため、僕、大学にあがるまでほとんど翻訳小説を読むことができなかったのです(それでも『なんとかなるだろ』と独文にいったのだから驚きです)。なんつーか、元の言語の構造をひきずった翻訳文をどうにも日本語としてうつくしいと感じることができず、苦手で苦手でたまらなかったのです。今はいい翻訳もたくさんあるし、このひとならだいじょうぶ! っていう個人的にお気に入りの翻訳家さんもいるので、それなりに贅沢に読むことができるけど……あと大学で否応なくドイツ文学読まされたので非娯楽目的で読む訓練を積んだ結果、若干、娯楽目的の翻訳小説の敷居もさがってしまったような気もするんだけど……いいのかなあ? だって文体って作家の魂みたいなもんだろ??? うにゃにゃ。でも、今なら元の言語構造をひきずった形に翻訳しなければならない必然性もわからなくもないので、つーか、しなくちゃいけない時があることもよく理解できるので、ちょっと文体に対するキモチって複雑だなあ……。

| 小説・評論・エッセイ | 00:36 | - | - | pookmark |
ジム・キャロル『マンハッタン少年日記』読了。
評価:
ジム・キャロル
晶文社
¥ 1,890
(1982-12)
コメント:ドラッグとかセックスとかバイオレンスとか……そういうのが好きな人にはたまらねえんだろうなあ、という感じだけれども、ちょっとすれてきてしまった向きには物足りない情報量かも。
Amazonランキング: 361411位
Amazonおすすめ度:
ニューヨーク好きには、もう、タマらない!
興味深く、一気に読んでしまいました。

評価:
PSY・S
ソニーレコード
¥ 10,000
(1998-05-21)
【ディスク1】
  1. Wondering up and down~水のマージナル
  2. WARS
  3. ファジィな痛み
  4. Stratosphere~真昼の夢の成層圏
  5. 遠い空
  6. (北緯35°の)Heroism
  7. See-SawでSEE
  8. STAMP
  9. 引力の虹
  10. WARS(Reprise)
コメント:一言で言えば「名盤」!! ATLAS「地図」という語の奥深さを思い知ります。無限の広がりと一枚の紙への集約が一枚のCDの中で起こるということがこんなに爆発的な力を持つのかと思うとくらくらします。特に「Wondering up and down~水のマージナル」「引力の虹」は名曲。
Amazonランキング: 195742位
Amazonおすすめ度:
少々マニアック
中期PSY・Sの最高傑作

ウォークマン用データをとりこみながら、膝の上で本をひろげてダダーッと読んでしまいました。黒田晶嬢があとがきで愛読書にあげていたのでチェックがてら読んだのですが、悪くはない。うん、確かに悪くはない――けど、良くもないな。情報が古いっていうのもあるんだけど、なんかちょっとリアルではない気がしてしまうのです。僕たちはもうケータイない感じとかからは遠く離れてきてしまっているんだなあって思ったですよ。アイテムとしてケータイがはいるだけでだいぶ変わると思う、これ。


転送するにあたって久しぶりに『ATLAS』聴き返したんですけど、これ名盤ですねー。めちゃくちゃいい……。

| 小説・評論・エッセイ | 12:27 | - | - | pookmark |