CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Twitter: hajime_s1976

読書メーター

篠原 一さんの読書メーター

篠原 一の最近読んだ本

篠原 一の今読んでる本

鑑賞メーター

篠原 一さんの鑑賞メーター

篠原 一の最近観たビデオ

TABバッジ
BlogMail

※いただいたメッセージには時期、体調などによりお返事ができないことやblogで回答させていただくことがありますことを了承ください。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

PHANTASMAGORIA

コメント&トラックバックは管理不行き届きになりがちなため
もったいないながらも現在は封印中。
ご感想などはメールフォームから頂戴できるとうれしいです。
twitterのまとめ投稿をしている関係で
趣味のお人形写真が予告なく記事本文内に表示されることがあります。
苦手な方には申し訳ないのですがご容赦ください。
それから、ごく稀にTwitterのまとめ投稿に
あとから誤字脱字の訂正などをいれることがあります。
あしからずご了承ください。
ヨコハマトリエンナーレ2011とルーヴルDNPミュージアムラボにいってきました。

ヨコハマトリエンナーレは横浜美術館だけだけど。日本郵船海岸通倉庫の方には閉幕までにはなんとかしていきたいにゃー……。

実は横浜美術館自体、行くのが15年ぶりとかで「けっこう箱物としてはでかかったよにゃー……」「他人様の車で行ったから道わかんないにゃー……」「んー……でも、海が近かった気がする」と思いながら横浜駅におりたち、機種変したばっかのXperia rayちゃんで所在を確認、最寄りのみなとみらい駅でてみたら――……



コレ、何ヶ月か前に別のお友だちと突発的にお茶しようってことになっていってみたはいいけどメチャ混みでひきかえしたスタバさんのはいってるTSUTAYAさまの建物……!

なんか見た感じのあるとこだと思ったよ(そして多分ここを読まれているそのお友だちY.A.さんは『シノハラさん、気づくの遅いよ』と思っておられるに違いない。だって数日前も桜木町まで送ってもらったとき横美の看板見つけて『横浜美術館ちかいんですね! 最後にいったの、だいぶ前だけどけっこうおっきい美術館でしたよねえ!』てあたしめっちゃはしゃいどったもん……)。



そのみなとみらい駅のトリエンナーレのポスター。ここから既にお洒落さんです。ヨコハマ、お洒落さんすぎます。なに、この真っ白いキラキラしい駅構内は。

横美建物前ではコイツらがお出迎え。



ひとりひとり(?)顔つきが違います。





こういうの見るとアレだよね。heimrichとunheimrichは紙一重だよねえ。

エントランスのコレ、



で、閉幕が近いことを知る。来週中にもう一回トリエンナーレいって郵船の方にも行きたいにゃー……あともうちょっとはやめにイベントチェックしておくべきだった。ギャラリートークとかダイスキです。

中は基本的に撮影禁止なわけですけれども、一部撮影OKなところがあってそれがここ、



トビアス・レーベルガーってひとの『他者』という作品。ライトひとつひとつが別所の子どもたちの動きに対応してついたり消えたりしているんですって。こう、たぶん、他者と他者ってのは遠く/近くに見える灯りみたいなものでそれはほんとうに見えたり見えなくなったりするものなのだよって感じのアートなのだと思うのですけれども、そういうの抜きにしてもキラキラしていてとてもキレイでした。ああ、見えたり見えなくなったりする他者がキラキラしたものでしたって言い直すと尚いい感じっぽく聞こえますね。「今僕のいるここから見える他者は見えたり見えなくなったりするけれども、それはいつでもキラキラしていました」。よし、キレイに落ちた。



近づくとこんなんなるよ。ホントにキラキラしていたんだ。

Louvre DNP Museum Labは大日本印刷さんの印刷技術を駆使した特殊なミュージアムでルーブル美術館と提携して、今やっているのは第8回展示の「来世のための供物展」(ちなみに見学は要予約)。大日本さんなんでイチイチDNPなんて略するのかしら。最初なんの企業さんかわかりませんでした。まあ、僕が迂闊なんだけれども。ちょっと気をつければすぐわかることだったし。

Louvre DNP Museum Labさんはガチガチの美術館・博物館の展示というよりは現代アート(って便宜的につかってるけど、この言葉なんとかならないの……ビミョーにキライなんだが。こう、気取ってる感じがして、だな……)インスタレーションに近い展示方法でしたね。こう、パネルにタッチすると説明が見られる、とか、ちっさいシアターでショート・フィルムが見られたり、とか。あと死者に捧げる供物を清める儀式ができたりします。模擬儀式だけど。けっこう時間かかっちゃうけど(全行程13分)。

そんなんでテンションあがってしまってついDNPさんの系列施設ギンザ・グラフィック・ギャラリーさんの第304回「イデオポリス東京」展のギャラリートークに申し込んでしまいました。へへへ。ひとりでいくの淋しかったからあとで誰かとっつかまえようと思ってふたりで申し込んだけどイカン、まずい、金曜日じゃねえか。4時〜5時30分なんてまだみんなオフィスじゃねーか……っ。

| 美術館・博物館・アートイベント | 08:55 | - | - | pookmark |